のぼり旗といっても、多くの種類があります

のぼり旗について、まず思いつくのが漁船に使用されている大量旗や、パチンコの旗です。 商売には欠かせないのぼり旗、アピールに必須です。

街中を歩いていると、多くののぼりを目にすることが出来ますが、一番多いのぼりはなんでしょうか。
私のイメージでは、飲食関係のぼりが多い気がします。 パチンコ屋の新装開店や、新台入れ替え、新台入荷や大放出など、とにかく沢山ありますね。

のぼりは、様々な用途で使われます。
新商品や、ラーメン屋や、ガソリンスタンドといった場所で、呼び込みアピールの為に使用されます。 代表的なのは、バーゲンやセールで使われる旗。

ただ作って、のぼりを出せばいいだけではありません。
同じ内容でも、色や形、大きさなど細部にわたり、どうしたらお客さんに伝わるかを考えます。

チェーン店などののぼりには統一する手法もあります。
統一したのぼりを全国で使用することで、お客さんには同じサービスを出せるアピールが伝わります。

神社や、相撲などののぼりはとても綺麗ですね。
色鮮やかさといい、まさにのぼり自体が、特別な芸術へと昇華されているようです。

ウンチクですが、黒は相撲界では黒星を意味します。 相撲界では、黒を嫌い、色鮮やかな旗を作ることで、勝利を願い、のぼり旗を作成します。